レッスンバッグの選び方、サイズは?どれくらい入るの?

レッスンバッグは、保育園や幼稚園、小学校などなど、様々な場面で使われる便利なアイテムです。

この記事では、レッスンバッグの容量や大きさに焦点を当て、お子様のニーズに合ったバッグはどのようなものか選び方について詳しく解説します。

レッスンバッグの重要性

レッスンバッグは、教科書、ノート、文房具、時には着替えやお弁当など、ランドセルや通園バッグに入りきらないものを入れるサブバッグとしても必要な物を持ち運ぶため非常に重要です。

また、バッグのデザインや色も個性を表現する一つの手段となります。保育園、幼稚園では、絵本を借りて持ち帰る園もあるので、絵本バッグとしても必要になります。

サイズの選び方

使用目的にあったものを

まず、バッグを使用する目的を明確にしましょう。

学校用なのか、習い事のためなのか、または特別な活動用なのか、使用目的によって必要な容量は大きく異なります。

持ち物のリストアップ

普段持ち歩くアイテムをリストアップし、それらがすべて収まるサイズを考えます。教科書やノートのサイズも重要な要素です。

成長を見越した選択

(子供用のバッグの場合)成長に合わせて教材が増えることを考慮すると、少し大きめを選ぶのが賢明です。

子供の成長に合わせたレッスンバッグの選び方 – 親子で選ぶ最適バッグガイド

サイズに関する確認項目

学校からの指定サイズについて

持ち手の長さが指定されている場合は、持ち手の長さもしっかりと把握した上で検討することが重要です。

加えて小学校低学年の児童の机は約45cmほどの低さに設定されているため、あまり長い持ち手だと床についてしまうかもしれないので、あまり長いものは選択しないようにしましょう。

A4サイズの収納

A4サイズ(あるいは、B4サイズ)の書類や教科書がスムーズに収納できるかは、最も基本的なチェックポイントです。

内部の仕切りと持ち手の形状について

仕切りがあると、小物を整理しやすく、効率的に物を取り出せます。

肩への負担を減らすために、使いやすさを考えたバッグの形状や背面、ストラップのクッション性と耐久性も重要です。

素材と耐久性、デザインについて

レッスンバッグは頻繁に使用されるため、耐久性のある素材を選ぶことが重要です。防水性や汚れが付きにくい素材も、特に子供用のバッグには望ましい特性です。

機能性だけでなく、デザインも重要な要素です。子供達は、キャラクター物を欲しがることがありますが飽きも早いものです。長く使えることを考えてシンプルなデザインのものを選ぶことで結果的に、長く使えて経済的です。

購入先のおすすめ

レッスンバックの購入はナチュラルベビーがおすすめ

https://shopping.geocities.jp/natural-baby/

国内製造にこだわり、大手アパレルメーカーとの長年の取引の中で得たデザイン力と、自社工場でものづくりに取り組んできた技術力で製造から販売までを行っています。

ナチュラルベビーは子育て応援企業だから生まれるアイディアや工夫を集結させた国産ベビー、キッズ用品を販売してます。

まとめ

レッスンバッグ選びは、どこで使うかや何を入れるかをある程度イメージして選んで選んであげてください。

愛着を持って長く使っていけるバッグを持つことは、お財布に優しいだけでなく、学校や習い事をさらに楽しく通えることに繋がります。

「レッスンバッグの選び方、サイズは?どれくらい入るの?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 子供の成長に合わせたレッスンバッグの選び方 – 親子で選ぶ最適バッグガイド | natural baby

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です